社会福祉法人 大田幸陽会

社会福祉法人大田幸陽会は、障がいのある子を持つ親の会が母体となり平成5年に法人は創設しました。『地域と共に生きる』をモットーとして、大田区内に特化して地域福祉の発信の場になろうと、利用者本位の考えに立ち、多様な福祉ニーズに対応するため、地域、行政、関係機関等とネットワークを組みながら活動しております。

事業内容

大田区に根差し、障害福祉サービスの相談事業を中心に、就労支援(継続・移行・定着)、生活介護、グループホーム、喫茶店、居宅介護や移動支援、余暇支援、地域移行型入所施設・緊急一時保護及びサ高住など多様な事業を展開しています。

アピールポイント

社会福祉法人大田幸陽会は、障がいのある子を持つ親の会が母体となり平成5年に法人は創設しました。『地域と共に生きる』をモットーとして、大田区内に特化して地域福祉の発信の場になろうと、利用者本位の考えに立ち、多様な福祉ニーズに対応するため、地域、行政、関係機関等とネットワークを組みながら活動しております。

法⼈エピソード

日々変化する利用者さんとの関わりには日々新しい気づきがあります。利用者さんに頑張れとか元気出してとか、すぐ解決しようとする言葉より、環境を整えながら、そうなんですね大変ですよねとか、〇〇さんはよくやっていると私は思っています、など共感的な関わりをチームで続けています。そうした支援の積み重ねの中で、利用者さんの小さな変化を見つけたり、笑顔がみられたりすることが、私たちのやり甲斐や感動につながります。

今後の目標

TOKYO働きやすい福祉の職場宣言をして、職員の働きやすさの向上をより進めて参ります。職員の研修制度・キャリアアップ制度の積み重ねにより、利用者サービスの向上へとつなげていきます。

法人からのヒトコト

利用者さんの笑顔でやりがいのある仕事です